Play Video
Play Video

起源

禁制時代 1585年、スペインのアランフェス勅令は新大陸でのアガベから抽出した蒸留酒の製造を禁止を発令、 この時メスカルを生産拠点は地方に30存在した。 時が流れ1749年、アガベ製品の製造と販売を管理するため私的禁酒法を制定、 バジャドリッド(現在のミチョアカン州モレリア)の司教エリサコエチアが、メスカルを製造・消費する者を破門するよう命じた。

メスカルはしばしば「神の妙薬」と呼ばれますが、これは主にリュウゼツランに稲妻が落ちるという神話の物語によるものです。 強烈な熱を伴う強力な攻撃でピニャ(リュウゼツランの中心)が調理され、私たち皆が心から愛し楽しんでいる神聖な液体、メスカルが放出されました。 その起源は古代メソアメリカにまで遡り、そこではメスカルをはじめとする各種飲料の製造にリュウゼツラン植物が広く使用されていました。

禁制時代

1585年、スペインのアランフェス勅令は新大陸でのアガベから抽出した蒸留酒の製造を禁止を発令、 この時メスカルを生産拠点は地方に30存在した。

時が流れ1749年、アガベ製品の製造と販売を管理するため私的禁酒法を制定、 バジャドリッド(現在のミチョアカン州モレリア)の司教エリサコエチアが、メスカルを製造・消費する者を破門するよう命じた。

禁止飲料裁判員が違反者に対しての厳罰実行を担当。 違反者がスペイン人だった場合は、財産の没収、国外追放、居住地からの追放などを実施。他民族であれば、鞭打ち、激しい殴打、拷問を実施した。

神話

起訴され、処罰され、禁止され、見下されてきた禁酒法時代に「マラサンタ」の伝説が誕生しました。彼女は本名も知られぬままメスカル密売人として18世紀に生き、"ラ・コンクイスタ(侵略)" ですべてを失った人々に少しばかりの華を添え、そして死を迎えました。

メスカルは単なる蒸留酒に留まらず、メキシコの人々のように、抵抗と神秘性に結びついた誇り高い歴史があります。

メスカルはメキシコの秘宝のひとつである。メキシコの人々のように、メスカルは単なる蒸留酒ではなく、抵抗と神秘主義に結びついた誇り高き歴史があり、アメリカのみならず世界中で急速に人気を博している。メスカルは純粋に職人的で土着的な蒸留酒であり、地元の人々が幸運や苦難の克服を強調するために飲むお祝いの蒸留酒であり、儀式で飲まれ、土地の利用や新しい領土への通過の許可を求めるためにさえ使われる。多くの人がストレートで、あるいは 「キス 」して楽しみ、他の人はカクテルで楽しむ。その幅広いノートとアロマは、常に別の熱心なメスカル愛好家を仲間に加える方法を見つける。

起源

「Dia de los Muertos(死者の祝日)」のアイコンの一つであるラ・カトリーナ、あなたはその起源をご存知でしょうか?今回ご紹介するカトリーナの物語は、社会を反映する芸術の力としてメキシコの最も有名な3人のアーティストが2世代にわたって作り上げた物語です

ヒストリア

ラ・カトリーナはイラストレーターであるホセ・グアダルーペ・ポサダ氏が政治、社会問題を扱ったメキシコ大衆向けの新聞に風刺リトグラフシリーズとして連載されていました。もともとは「カラベラ・ガルバンセーラ」という名称で、メキシコのアグアスカリエンテスで制作した作品が原型です。 「カトリーナ」は、1910年頃、ヨーロッパの風習に執着している上流社会に対する皮肉と、1911年のメキシコ革命につながった当時のメキシコ指導者ポルフィリオ・ディアス(Porfirio Diaz)の腐敗体制を風刺したものです。またポサーダ(クリスマス)のカラベラは、ヨーロッパ風の派手な帽子をかぶっています。 「カトリーナ」という名前は、「カトリン」という俗語に由来しており、「カトリン」というスラングは、着飾った男女を意味しています。
Play Video

ディエゴ リベラの影響

この壁画はディエゴ・リベラが1947年メキシコシティのアラメダ公園を描いた「日曜日の午後の夢」という作品です。リベラは「カラベラ・ガルバンセーラ」という名称を「ラ・カトリーナ」と改名し、幼いリベラの手を握るポサダの描いたラ・カトリーナを中心に、リベラの妻(メキシコを代表する芸術家)であるフリーダ・カーロの後ろ姿や歴史上の人物、先住民、ポルフィリオ・ディアスの妻や娘が描かれています。

そして ラ・カトリーナは、飾られた頭蓋骨、フェイスペイントで催す現代のディア・デ・ロス・ムエルトス(死者の祝日)の祭典の風習をほぼシームレスにリンクしました。また祭典に人々が身につけるエレガントなドレスは古代アステカの冥界の女王「Mictēcacihuātl(ムーサ)」を現代風にアレンジしたものです。

おもしろ情報

古代メキシコの文化、特にアステカ人は、マヤウエルとして知られる女性の神の形でリュウゼツランを崇拝していた。リュウゼツランはその貴重な液体を賞賛されただけでなく、ロープや布の材料にもなり、その鋭いトゲは縫い針やダーツのような武器にもなった。

リュウゼツランには250種類以上の種類があり、メキシコだけでも150種類以上が生息している。全体として、約30種のリュウゼツランがメスカル作りに使用され、中には30年以上熟成するものもある。

メスカルは完全に自然な蒸留酒であり、糖分、添加物、酵母、湧水以外のいかなる物質も加えていない。発酵のための酵母は「パレンケス」周辺の環境から供給され、地元の天然湧水のみが利用される。各ボトルは100%アガベである。

私たちの使命は、可能な限り最高品質のメスカルを造ること、そして私たちの伝統に忠実であり続けることです。 私たちの使命は、可能な限り最高品質のメスカルを造ること、そして私たちの伝統に忠実であり続けることです。 製造の伝統に忠実であり続けることです。

今すぐボトルを手に入れましょう

今すぐボトルを手に入れよう

エスパディン

コショウ、フルーティーなトーン、ハーブ、そして非常に軽いスモーキーさの微妙なノートと非常に甘いフィニッシュ。

トバラ

非常にフレッシュでアロマティックな、木材、わら、野草、スパイスのヒントを伴う甘い色調。

クイシェ

ゼラニウムや緑の葉などの小さなミネラル、フルーティー、フローラル トーンを伴う豊富なハーブ ノートがあり、その紛れもなくアガベの素朴なノートが際立っています。

ENSAMBLe

何百年もの間、メソアメリカの文化で「ハニーウォーター」を作るために使用されてきました。甘くてスパイシーなプロファイルに柑橘系の香りが中間にあり、さわやかなフィニッシュです。

テペスタテ

深みのある複雑な味わい。フルーティーな甘い香り、ハーブやスパイシー、ミネラルのタッチ、フレッシュなグリーンの香りがフィニッシュに残ります。

SANTIAGO MATATLAN OAXACA

マラサンタ・メスカルは、厳選された最高級のアガベのみを原料としている。メキシコで最高のメスカルを提供するオアハカのミネラル豊富な土地で採れる成熟したリュウゼツラン。

PLEASE VERIFY YOUR AGE TO ENTER.